社長や経営者の住宅ローンは難しい?

社長や経営者の人でも住宅ローンを組みたいと思う人はいて当然です。
しかしこうした経営トップの人たちは、住宅ローンの審査で落ちやすい傾向があるのです。
正社員は会社からの定期的な給料や雇用保険がありますが、経営陣ともなると自らの会社の売上が大きく成績に響いてきます。
そのため赤字・黒字という言葉に年がら年中縛られる事になるわけです。
よってローンを組む際には立場的に正社員よりも弱い立場となってしまうのです。
そこで住宅ローンを組むにあたり、返済能力を問うために最低でも3期分の納税が終わっている事は申込の大前提となります。
また決算書や確定申告書の提出も求められるので、それらが黒字であればより融資先からの信頼が得やすいでしょう。
経営陣の審査落ちた理由として「会社の赤字」はマイナス要素として働くので、会社が軌道に乗るまでは住宅ローンは慎重に考えた方が良いでしょう。
赤字会社の経営者の住宅ローン審査は?