フラット35Sは建売でも使える?

建売の住宅でもフラット35Sが適用される場合があります。
もちろん適合証明書などの手続きの条件は設計前に、フラット35Sを申し込んだ場合と同じですが、建売の場合、フラット35S対応物件として紹介されていることが多いです。
購入者がフラット35Sに対応した住宅を建てるよう申し込むのではなく、建物の販売業者がフラット35Sに対応していることをメリットとして挙げ、販売しているのです。
そのため、販売されている物件の説明として、紹介ページにフラット35Sの説明が入っていますし、フラット35Sに対応とあって、耐震性や省エネルギー性がどのように導入されているのかについても紹介されています。
もちろん建売でフラット35Sに対応していない物件もありますので、注意が必要です。
フラット35Sの金利優遇と審査基準は?